乾燥肌でもしみない!突っ張らない石鹸を使ってみました!

shabon
乾燥肌で悩んでしまうのが、

  • 顔を洗った後にやたらとつっぱってしまう
  • 乾燥しすぎて石鹸がしみる

なんてことですよね。


私は最近はしみるほど乾燥することは少なくなりましたが、
3歳の息子がめちゃくちゃ乾燥してて、時々「痛いからいや!」と、体を洗うのも嫌がるほどです(´;ω;`)


何とかベビー用の泡で出てくる石鹸などでやり過ごしていましたが、
赤ちゃんじゃなくて子どもが使うから、何回もプッシュしないとダメで、すぐになくなる…

なんかいいものないかな~と思っていた時にちょうど、
ドルチボーレのベビーソープをいただいたので使ってみました!

ドルチボーレのベビーソープ

ドルチボーレ1
ベビーソープと書いてありますが、子供も大人もみんな使える石鹸です。

ドルチボーレ2
顔にも体にも使えます。

成分はこんな感じです。

水、コカミドDEA、ラウロイルアスパラギン酸Na.グリセリン、ラウラミドプロピルベタイン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、リゾレシチン、コカミドプロピルベタイン、ココイルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ケイ酸Na、水酸化レシチン、水添レシチン、ポリアミノプロピルビグアニド、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

  • コカミドDEA

泡立ちを良くする成分です。

  • ラウロイルアスパラギン酸Na
  • ラウラミドプロピルベタイン
  • コカミドプロピルベタイン
  • ココイルアラニンNa

刺激が弱く、安全性の高い界面活性剤です。

  • 水酸化レシチン

刺激の少ない合成界面活性剤です。保湿効果もあります。

  • 水添レシチン

界面活性剤です。肌荒れ防止の効果もあります。

  • カプリル酸グリセリル

合成界面活性剤です。水と油を混ぜる乳化剤として使われています。

  • グリセリン
  • コメヌカスフィンゴ糖脂質
  • ヒアルロン酸Na
  • PCA-Na
  • リゾレシチン

肌や髪を保湿します。

  • ケイ酸Na

pH調整剤として使われています。

  • ポリアミノプロピルビグアニド

防腐剤として使われています。

  • エチルヘキシルグリセリン

防腐剤の量を減らすために入れられています。


分かっていただけると思いますが、できるだけ低刺激の界面活性剤と
保湿成分がたくさん使われている
ので、赤ちゃんや敏感肌の方でも安心して使っていただけます。

ドルチボーレ3
こんな感じで、泡で出てくるタイプの石鹸です。

泡は弾力があってもちもちしていますよ~ヽ(o´∀`o)ノ

ビ●レのCMで、顔に泡を付けてぷにぷにしているシーンがありますよね?
あんな感じの泡が、そのまま出てくるイメージです。

洗顔石鹸として使ってみました

まずは私が、洗顔石鹸として使ってみました。

無香料ですので、変なにおいもなく、泡で包み込むように優しく洗えます

他と違うのは、やっぱり洗った後のしっとり感ですね。

保湿成分がたくさん入っているだけあって、全く突っ張りません
おまけに肌が柔らかくなったような感じまでします。

今は夏なので、もしかしたら人によってはべたつく感じがするかもしれませんが、
冬になると、ドラッグストアで売っているような洗顔石鹸とは大きく差がつく気がします。

息子の体に使ってみました

夏でもどこかしら乾燥している息子の体を洗ってみました。

まず、いつものベビーソープと違うと思ったのが、泡の伸びです。

いつものベビーソープはすぐに伸びなくなってしまうので、何回も何回も泡を継ぎ足してすぐに使い切ってしまうんですが、
ドルチボーレの場合はよく伸びたので、1プッシュ半くらいで済みました!

ですので、コスパはいいと思います。


嬉しかったのは、息子が全く嫌がらなかったことですね。

いつもはどこかが染みるみたいで「痛い!もう流す!」というのですが、言いませんでした。

「お母さん、これ痛くないよ~」
って言って石鹸を手に付けて遊んでいたくらいです。

よくよく説明書きを見てみたら、デリケートゾーン用の石鹸としても使えるみたいなので、本当にどこもしみないんだろうな~と思いました。


生まれたての赤ちゃんだと、乳児湿疹がたくさんできてしまったりして、
顔にも石鹸を使わないといけないことがありますが、ドルチボーレのだったらよさそうだと思いますよ。


ドルチボーレのベビーソープは、公式サイトと楽天から買えますが、

公式サイトは初回は送料がかからないし、ラインで友達登録するともらえる300円のクーポンも使えるので、公式サイトから買うのがおすすめです!


購入はこちらから
☟☟☟☟☟
赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ