冬の結露を防ぐ5つの方法!やるのとやらないのとでは大違い

結露

冬になると必ずといっていいほど結露しますよね。

我が家も結露に悩まされていて、寝室、リビング、玄関など、ありとあらゆる所が結露します。

仕事をしているので、毎朝全部拭いているような時間もないし、気付いたら黒かびが・・・何てことも数知れず・・・(´;ω;`)

一生懸命ハウスダスト対策しているのに、結露のせいで台無しになります(´;ω;`)

ハウスダストアレルギーにとって、結露は何とかして対策したいものですよね!

結露を防ぐ方法はいろいろあるので、出来そうだと思うものから試してみてくださいね。

1.結露防止グッズを使う

ホームセンターに行くと、結露防止グッズが色々あります。
そういったものを使ってみると、結露がマシになります。

窓に貼る断熱材

断熱シート
窓ガラス断熱シート

梱包に使われるプチプチのようなものを、窓に貼って断熱材として使う方法です。
ホームセンターなどで、水で簡単に貼れるものが売っています。

家の中に貼る方が多いかと思いますが、家の中に貼ると、プチプチと窓の間で結露して、カビが発生することがあります。
多少はがれやすくはなりますが、外から貼った方が、断熱効果が高くてお勧めです。

結露防止スプレー


結露防止スプレー

窓にスプレーして、雑巾でふき取るだけの簡単な方法です。
効果が持続するわけではないので、頻繁にスプレーする必要がありますが、これだけで結露しなくなったりします。

結露防止ヒーター


結露防止ヒーター

窓の横に置いて、窓を温めて結露しなくさせるものです。
電気代は24時間付けて数十円なので、そこまで気にしなくてもいいと思います。

足元用のヒーターとして使うことも出来ますよ。
1台あると何かと便利です。

2.換気する

open_close_window

結露するのは、水蒸気が家の外に出て行かないからです。
換気して、水分を多く含んだ空気を外に出してあげるだけでも、かなり結露しなくなります。

1日中換気扇を回しておくだけで、結露がかなりマシになりますよ。

3.台所用の洗剤を20倍に薄めたもので窓を拭く

洗剤

これはお手軽で、誰にでも出来る方法です。

1)窓やサッシを、乾いた雑巾で綺麗にふく
2)台所用の洗剤を、水で20倍に薄め、その中に雑巾を入れてかき混ぜ、あわ立てる
3)泡立てたら、雑巾を固く絞って、窓を拭く

台所用洗剤は、水をはじく性質があるので、それを活かして結露を防ぐ方法です。

これも効果は一時的ですが、誰でも出来ますし、やるのとやらないのとでは大違いなので、やっておくといいと思います。

台所用洗剤は、身体に必要な皮脂を奪ってしまう界面活性剤の塊なので、手袋をしてやった方が良いですよ。

4.ファンヒーターやストーブをやめて、エアコンを使う

ストーブ

ファンヒーターやストーブは、灯油やガスを燃やすときに、水蒸気を発生させるので、部屋の湿度を上げてしまいます。

反対に、エアコンは空気を乾燥させます。
車のフロントガラスが曇っているときにエアコンを付けると、曇りがとれますよね?

あれと一緒です。
エアコンにするだけで、一気に結露しなくなります。

ただし、空気を乾燥させすぎるのも良くないので、湿度計などを置いて、湿度を管理してくださいね。

5.窓をペアガラスやペアサッシにする

持ち家でないと出来ませんし、お金もかかりますが、一番確実な方法です。
部屋の温度も下がりにくくなります。

実家がペアガラスに替えましたが、以前は朝起きると、桟がべちゃべちゃになっていたのに、今はまったく結露していません。

業者さんに頼まないとペアガラスに出来ませんが、変えた後は何もしなくて良くなります!

特にマンションは結露しやすいので、色々工夫して、カビの生えない環境にして置いてくださいね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ