お風呂にカビを生やさない!カビの掃除方法と繁殖対策!

bath2

梅雨に入りましたね~

毎日雨ばっかりで、ジメジメしてると
アレルギーの原因の『あれ』が大量発生します。


そう。カビです。


アレルギー持ちにとって、カビが生えててもいいことなんて一つもありません。

今回は、お風呂のカビ対策を紹介します~☆

カビが生える原因

kin_kabi

お風呂場は、カビが生える条件がバッチリ揃っています。

1.湿度
カビは湿度80~100%で繁殖しやすくなります。

浴槽にお湯をはると湯気が出ますし、
シャワーを使ったりしますので、

お風呂の中はとっても湿度が高く、
カビに「生えてください!!」って言っているような環境なんです。

2.石鹸カス
体や髪の毛を洗ったときに飛び散る石鹸カスは、
カビのエサになります。

浴槽は毎日洗っても、壁を毎日洗う人って少ないので、
石鹸カスがそのままになって、カビが増えてしまうんです。

カビをピカピカに落とす掃除方法

furosouji

生えてしまったら、根こそぎ落とすしかありません。

徹底的に掃除しましょう。

掃除するときに必ず身に付けるもの

  • ゴーグル
  • マスク
  • 手袋

カビの胞子を吸い込めば喘息の原因になります。

洗剤は目に入ったら大変ですし、
皮膚についても荒れてしまいますから、この3つを必ず付けてください。

お風呂掃除は、必ず換気して行うようにしましょう。

壁、床に生えたカビを落とす

kabe

酢を水で薄めたものをスプレーし、
その上から重曹をかけて数時間放置します。

酢1:水4の割合で薄めてください。

壁の液だれが気になるなら、ティッシュにスプレーして
それを貼り付けても良いですよ。

放置した後に、歯ブラシでこすると、きれいにカビが取れます!

酢水と重曹でダメなら、カビキラー

大体のカビは酢水と重曹で落ちますが、
これでダメならカビキラーを使ってください。

小さなお子さんがいるご家庭では、
できるだけカビキラーは使わず、最終兵器としてとっておいた方が安心です。

ゴムパッキンに生えたカビを落とす

packin

ゴムパッキンに生えているカビは、なかなか落とせません。

キッチンハイターと片栗粉を練った物を使うときれいに取れます。

キッチンハイター1:片栗粉1の割合で混ぜて、練ります。

これをゴムパッキンの上に塗って、1時間くらい放置してください。

放置してから歯ブラシでこすって洗い流すと、
きれいにカビが取れますよ~


ちなみに、キッチンハイターと片栗粉を練ったものは、
すぐに使わないと、どんどん効き目がなくなっていきます。

使う分だけ作って、すぐに使い切ってくださいね。

天井のカビをとる

shower3

キッチンハイターやカビキラーをキッチンペーパーに染み込ませ、
クイックルワイパーの先に付けます。

それで天井を拭いて、30分くらい放置します。

30分放置した後、次は水にぬらしたキッチンペーパーを
クイックルワイパーの先に付け、天井を拭いてください。

カビキラーなどを直接天井にスプレーしないこと!

カビキラーなどを直接天井にスプレーするのはやめて下さい。

上からボタボタたれてきますので、皮膚に付いたら荒れてしまいますし、
目に入ったら失明する可能性があります。

服に付けば色が落ちてしまいます。

直接スプレーは、危ないので絶対にやめましょう。

洗面器やお子さんのおもちゃには・・・

ahiru

残り湯に重曹を入れて、
その中に洗面器、お風呂の椅子、おもちゃなど
気になるものを全部浸しておいてください。

1~2時間くらい浸してから洗うと、
カビがきれいに取れます!

掃除を忘れがちな盲点

1.お風呂のドアの通気口
bath3
ドアの通気口は、かなりカビが生えやすいです。

しかも、空気が通るので、
カビの胞子も空気にのって飛んでいきます。

ココに生えっぱなしだとカビがどんどん広がっていくので、徹底的に掃除しましょう。


2.シャワーヘッド
shower

シャワーヘッドも結構汚れています。

酢水に30分くらいつけてから、歯ブラシでこするときれいになりますよ。


3.排水溝
haisuikou

排水溝も、結構カビが生えているんです。

ここからカビの胞子が飛んでいることもあるので、
気をつけてくださいね!

70~80℃くらいのお湯を流すだけで、
カビが死にますし、ぬめりも取れます。

それでもダメなら、パイプユニッシュのような
排水溝のぬめり取りを使ってください。

お風呂にカビを生やさないために

shower2

出来たカビをせっせと掃除するよりも、
カビを生やさないようにする方が大切です。

カビを生やさないようにするには、

  • カビが生える環境をなくしてしまう
  • カビのえさを残しておかない/li>

この2つを徹底的にやることです。

入浴後、熱いお湯で石鹸カスを洗い流す

suiteki

お風呂に入った後に、42度以上のお湯
壁や床に付いた石鹸カスをよく洗い流してください。

熱いお湯をかけることで、石鹸カスがこすらなくても落ちますし、
カビも死ぬので一石二鳥です!

お風呂の温度を下げるために、冷水をかけると良いといいますが、
これは大きな間違いなので、やらないでくださいね。

冷水をかけても、石鹸カスは残ってしまうし、
カビの胞子が飛び散るだけ
なので、逆効果です。

絶対にやめてください。

石鹸カスを洗い流した後、ぬれている所を拭く

ぬれたままにしておくと、カビが生えてきますので、
天井も含めて、ぬれた所は拭いてください。

最後に換気する

green

カビは乾燥したところではほとんど生えないので、
窓を開けたり、換気扇をつけて換気してください。

換気扇は、24時間付けっぱなしにしておくのがおすすめです。

週に1回の消毒で、カビが生えにくくなる!

週に1回、消毒用のエタノールをお風呂の壁や床、天井などにスプレーして
よくふき取ってください。

これだけで、カビが生えにくくなります!

簡単ですし、本当に生えてこないのでおすすめです。

あると便利なアイテム

お風呂のカビ取り用たわし

こんな感じのスポンジが、ドラッグストアに売っています。

普通のスポンジよりも、湯垢やカビが落ちやすいので、
一つあると便利です。

防カビくん煙剤

バルサンみたいな、煙が出る薬です。

これをお風呂にやると、カビが生えにくくなります。

エタノールの消毒よりも簡単です。

これもドラッグストアで手に入ります。

色々やってもダメならプロに頼む

senzai

相当カビがひどくなってしまっていて、
自分で何をやっても歯が立たないなら、ハウスクリーニングを依頼しましょう。

業者やお風呂の広さで値段が変わりますが、
大体15,000~25,000円でやってもらえます。

掃除の仕方を知り尽くしたプロが、
プロ用の洗剤を使ってやってくれるので、仕上がりが全然違いますよ。

我が家も散々迷った挙句、頼んだことがありましたが
新品みたいにピカピカになりました。

「あんなに悩むくらいなら、もっと早く依頼すればよかった・・・」と思ったくらいです。

まとめ

生えているカビには・・・
・壁や床のカビは、酢水スプレー+重曹で浮かせてから、歯ブラシでこする
・ゴムパッキンのカビは、片栗粉とハイターを練ったもので取れる

カビを生やさないために・・・
・お風呂を出たあとは、熱いお湯で石鹸カスを洗い流す
・お風呂はぬれたままにしないで、よく拭いて乾燥させる
・週に1度消毒する

これだけでだいぶ違いますから、
アレルギーをひどくしないためにも、やってみてくださいね!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ