白いお砂糖、使っていませんか?白砂糖を使っちゃダメな理由3つ

角砂糖

白い砂糖は、どの家にもあると思います。

実はこれが、アトピーを悪化させているってご存知でしたか?

私もつい半年前くらいまで知らず、普通に使っていましたし、甘いもの大好きなので血の気が引きました…∑(゚□゚;)

白砂糖は、市販のお菓子や清涼飲料にもたくさん使われているので、注意してください。

砂糖がアトピーを悪化させる理由は3つあります。

1.ビタミンBを大量に消費する

白砂糖は、白血球の働きを弱らせ、ビタミンBを大量に消費します。

ビタミンBは、アトピーの人には欠かせないものなんです。
天然のステロイドと呼ばれるホルモンを作ったり、アトピーを悪化させる一酸化炭素を消してくれたり、アトピーの赤みを取ってくれたり・・・

とにかく、アトピーならビタミンBはたくさん取らなきゃいけないんですね。

でも、白砂糖がそれを全部使ってしまうんです。

天然のステロイドは出てこないし、アトピーを悪化させる一酸化炭素も消えない。
となると、アトピーの悪化へ一直線です(´;ω;`)

2.腸内の悪玉菌が増える

アトピーの原因のひとつに、腸内環境が悪いことがあるのですが、白砂糖は悪玉菌のえさになって、悪玉菌を増やしてしまうんです。

悪玉菌が増えると、消化の力が弱くなり、アレルギーの原因となるものが身体に入ってきても、うまく消化出来ないので、身体の中にアレルギーの元がたくさん漂って、アトピーが悪化してしまいます。

3.悪循環に陥りやすい

怒った指

白砂糖は非常に速く吸収されて、血糖値が一気に上がります。
すると、次はインスリンがたくさん出て、血糖値が一気に下がって、低血糖の状態に陥ります。

低血糖の状態になると、さらに甘いものが欲しくなります。

そしてまた甘いものを食べると、いう悪循環に陥るのです。

このパターンにはまると、ビタミンBはどんどん減るし、悪玉菌はどんどん増えるしで、最悪ですΣ(゚Д゚|||)

白砂糖をてんさい糖とオリゴ糖に切り替える

白砂糖が体に良くないと知ってから、私は白砂糖を全部捨てて、てんさい糖にきりかえました。

三温糖も、グラニュー糖や白砂糖の残りを煮詰めたものですので、避けてください。

てんさい糖は、白砂糖より高いですが、アトピーで皮膚科に行き続ける事を考えれば安いものです。

てんさい糖にはオリゴ糖やミネラルが含まれているので、腸内環境を良くする働きもあります
甘さもしっかりあるので、料理にも使えますよ!

オリゴ糖は砂糖に比べるとかなり甘さが控えめです。
そのため、料理には使わず、紅茶やヨーグルトに入れるのがおすすめですよ。

少しずつお菓子を減らしていく

お菓子

市販のお菓子にはたくさんの白砂糖が含まれています。
だからといって、お子さんに「今日から甘いお菓子は食べたらダメ!」なんていって全部取り上げてしまったら、今度はそれがストレスになって、アトピーがひどくなってしまいます。

ストレスでアトピーがひどくなる理由は、こちらの記事を参考にしていただければ、と思います。

まずは料理や飲み物に入れる砂糖を切り替えてみてください。

そうすることで、今までの「甘いものが食べたい」という欲求が、段々少なくなっていきます。

そうして徐々に甘いお菓子を減らしていってみてください。
お子さんもストレスなく、白砂糖絶ちが出来るはずです。

低血糖が改善できると、イライラすることも減るので、ストレスも溜まりにくくなり、アトピーも良くなりやすいですよ。

2 Responses to “白いお砂糖、使っていませんか?白砂糖を使っちゃダメな理由3つ”

  1. […] こちらの記事にも書きましたが、糖分はアトピーの天敵ですから、 冷え性でなくても避けたほうがいいですよ。 […]

  2. […] こちらの記事にも書きましたが、糖分はアトピーの天敵ですから、 冷え性でなくても避けたほうがいいですよ。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ