アトピーの人のための食器洗い方法3つ

syufu_otetsudai

アトピーの人で多くの人が、食器洗いに悩んでいると思います。
私もそうです。

食器用の洗剤は、保湿するのに大切な皮脂を奪ってしまう界面活性剤の塊なので、普通の人でも手あれします。

それをアトピーの人が使ったらどうなるか・・・言わなくても分かりますよね^^;

ちなみに、私は綿手袋+炊事用ゴム手袋を使ってもダメでした。
これはこれで、また荒れるんですよね。

他にやってくれる人がいればいいけれど、そうでない場合はどうしようもない。
かといって手荒れをほうっておくわけにも行きません。

そこで、アトピーの方におすすめの食器洗い方法を紹介します。

1.アクリルたわしを使う

アクリルたわしは、こんな感じの毛糸で編んであるたわしのことです。

アクリルたわし

自分で編んで作ることも出来ます。

たわしと言っても、普通のスポンジとそんなに変わりません。

何が違うかというと、洗剤を使わなくても汚れが落ちるんです!

初めは本当に落ちるか不安でしたが、本当に綺麗になるし、洗剤はいらないしで手放せません!

油汚れのひどいものは、新聞紙でふき取ってから洗うか、重曹をふりかけてからクエン酸を溶かした水でスプレーすると、綺麗に落ちます☆

環境にも優しいし、残った洗剤が口に入ってしまうこともないし、言うことなしのお勧めの方法です!

2.綿手袋+薄手のゴム手袋を使う

炊事用の分厚いゴム手袋だと、私みたいに荒れてしまう人もいます。

そんな人におすすめなのは、麺の手袋をしてから、薄手のゴム手袋をすることです。

ドラッグストアなどで、介護用という名目で、ティッシュの箱みたいなのに、100枚くらい入っている使い捨ての手袋があります。

それを使うんです。

ゴムが薄いからか荒れないし、調子が良いですよ!!
料理するときにもおすすめの方法です。

3.食洗機を使う

これは金銭的に余裕がある人向けですが^^;

自分で出来ないなら、機械にやってもらおう♪という荒業です。

でも、食洗期を簡単に付けられるなら、皿洗いで苦労なんてしませんよね・・・(汗)
あくまで、奥の手ということで・・・

私は、基本アクリルたわしを使っています。

冬は寒くて油汚れが落ちにくくなりやすいので、綿手袋+薄手のゴム手袋を使うこともあります。

大切なのは、界面活性剤に直接触れないこと!
これだけでかなり調子が良くなりますよ~♪

試してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ